contact@shiatsu-bxl.com
04 70 86 58 62
完全予約制
月曜日〜土曜日 10時〜18時頃まで
日曜休み
facebook.jpgフェイスブックページはこちらから

2017年10月06日

お布団か、ベッドか、

JAUNEの地下で営業させていただいていた時は、基本的に絨毯敷きの上にお布団で施術をしていました。その方が体重がかけやすいので、私自身が仕事がしやすいのと、こちらのお客様にも「日本風」を感じていただけるのではないかと思っておりました。
仕事場が2か所になり、場所の使い勝手とか、お掃除のしやすさも考えて、イクセルのお部屋はマッサージベッドで仕事をすることにしました。大半の現地のお客様(ベルギー人に限らず、、ヨーロッパ系の人たち)は、ベッドの方が快適だと喜んでくださいます。とりわけ、ベッドにはうつぶせ用の穴がありまして、それが大層好評です。お布団の時もうつぶせ枕を使用していたのですが、高いお鼻には十分な高さがなくて、随分息苦しい思いをなさっていたことでしょう。そして、都会のど真ん中だというのに、ものすごーく静か。時々は、大家Mさんのカリオンの癒しの音=α波で、深い眠りに落ちる方もおられます。
かたや、オーデルゲムでは、以前と同じお布団仕様です。これはこれで、日本のお家っぽいからこちらの方が落ち着くと、こちらにわざわざお越しいただく方もおられます。お布団と言っても、日本の方にはアピールできますが、薄いマットレスの上にエアーウェーブを使用しております。適度な硬さですが、跳ね返りも少なくマッサージの圧を十分に感じていただけるのではないでしょうか。
お布団派か、ベッド派か、ぜひどちらもお試しください。tsd.jpg
イクセル
peti-room.JPG
オーデルゲム(ぺチヨン)

posted by 中根佳世 at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181210763
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック